ニキビイメージ1

ニキビの種類

ニキビは、段階を踏んで徐々に悪化していきます。
それによりニキビの症状も変わり、対処法や治療法も変わってきます。
まずは、症例別にみていきましょう。
状態を知ることで、肌改善のヒントが見つかるかもしれません。

HOME > ニキビの種類

白ニキビ =初期段階1=

ニキビイメージ2

毛穴が白く盛り上がっている状態で
この状態が続くと、毛穴の中でアクネ菌が繁殖し炎症が起きます。
初期段階のため、ご自身の知識でスキンケアや対処法をしがちですが
対処法を誤ると余計に悪化したり、ニキビ跡になりかねません。
また、お肌が乾燥しているとバリア機能が低下するため
白ニキビができやすくもなります。
しっかりと保湿をしていただくことで、未然に防げるのではないでしょうか。


黒ニキビ =初期段階2=

ニキビイメージ2

白ニキビだった毛穴が開き
そのまま皮脂が酸化して黒くなってしまった状態。
皮脂も固くなっているため、無理に押し出すと
毛穴を傷つけてしまう恐れがあります。
こちらも白ニキビ同様に、初期段階ではありますので、正しい処置や治療法で早期改善へ導くことができます。
保湿をしっかり行っていただくことで
角質が柔らかくなり、排出しやすくなります。

赤ニキビ =中度段階~重度=

ニキビイメージ2

白ニキビや、黒ニキビが悪化して炎症になった状態。
毛穴の中のアクネ菌が繁殖したことで、炎症が起きています。
この状態から、真皮層にも影響を及ぼすようになるため
正しい治療を行わないとニキビ跡に繋がりやすくなってしまいます。
また、ついつい気になって触ってしまう方も多いのですが
炎症状態のため、少し痛みを伴ったりすることもあります。


黄ニキビ(化膿ニキビ) =重度=

ニキビイメージ2

赤ニキビがさらに悪化すると
とうとう真皮層にまで達し、毛穴の中で膿をもってしまいます。
化膿ニキビのほかに膿疱とも言います。
炎症状態が真皮層にまで達していることから
ニキビ跡になりやすくなっています。
ニキビの部分に膿が溜まっていることで潰れやすくなっており
これ以上悪化させないためにも膿を出してあげることが大切ですが
適切な処置を行わないと、クレーターになる恐れもあるため
衛生面等考えると医療機関で処置を行うことをおすすめします。

 


このようにニキビは段階を踏んで悪化していきます。
白や黒ニキビの初期段階よりも赤ニキビになってから悩まれる方が多いのではないでしょうか。
いずれにしても自己判断による誤ったスキンケアで悪化する前に
早期治療でニキビ跡にならない肌改善を目指しましょう。
フェミークリニックでは、肌質や症状に合わせ
しっかり治療計画を立て進めていきます。
まずはどのような治療法があるかご紹介します。