フェミークリニック治療別ランキング

HOME > フェミークリニック治療別ランキング

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

全てのニキビのタイプに効果的です。
サリチル酸マクロゴールまたはグリコール酸により、肌を優しくピーリングして肌の生まれ変わりを促進し、ニキビの改善は勿論、肌質をも改善しニキビのできにくい肌へと導きます。
また、フェミークリニックでは、単にピーリング剤を塗布するだけでなく、治療効果を高めるために角質を柔らかくするためのお肌のお手入れや角栓除去(排膿)も丁寧に行っています。
治療の最後には、炎症の鎮静を兼ねた保湿パックを行います。
保湿パックを行うことで、ピーリング後の乾燥を防ぎます。

詳細はこちら   お問い合わせ

 

光線治療

光線治療

ニキビは細菌が繁殖し炎症を起こしている状態です。
この細菌(アクネ菌)を殺菌する効果のある特殊な光を用いた治療です。
そのため、中度から重度の治療には欠かせない治療法で
ケミカルピーリングと併用することで相乗効果を得られます。
治療効果を高めるため、角質を柔らかくするためのお肌のお手入れや角栓除去(排膿)も丁寧に行います。
治療後はダウンタイムもなくメイクも可能。日常生活に影響を及ぼすことはありません。

詳細はこちら   お問い合わせ

e-maxSR、フォトRFSR

e-maxSR

IPL(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)の相乗効果により、ニキビ跡の改善に効果的です。
また、肌の真皮層に働きかけることでコラーゲンの生成を促し、肌の生まれ変わりによる肌質改善効果があります。

詳細はこちら   お問い合わせ

ACR療法

ACR療法

患者さまご自身の血液から抽出した血小板を用いて行う治療法です。
そのため、アレルギーの心配がありません。
血小板に含まれる「成長因子(細胞を元気にして若返らせる)」を直接気になる部分に注入し、ニキビの改善のほか、赤みや陥凹、シミやしわ、毛穴縮小など様々なお肌のお悩みを改善し
ニキビ跡の治療として人気が上がってきています。

詳細はこちら   お問い合わせ

アクシダーム

アクシダーム

イオン導入は肌への浸透率が約10%なのに対し、アクシダームはその約10倍の浸透率が可能な治療です。
これにより、患者さまのお悩みに合わせた美容成分を効率よく導入しお悩みを改善します。
痛みを伴うことはなく、針を使わないメソセラピーとも呼ばれて
治療後は、お肌がもっちりして、肌がしっかり潤っていることを実感。
乾燥による白ニキビにはアクシダームが適しています。
また、メラニン色素を抑制する成分を導入することで、色素沈着によるニキビ跡も期待できます。

詳細はこちら   お問い合わせ

TCAピーリング

TCAピーリング

ピーリング剤の中で最も強いピーリング剤による治療です。
そのため、全体的に使用せず
ニキビ痕(凹み)をピンポイントで治療していきます。
凹みをなだらかにすることで見た目の凹みを目立たなくさせることができます。
ニキビ跡以外にも、水疱瘡の跡にも適しています。

詳細はこちら   お問い合わせ

ご自身の体を見直してみよう!

ニキビ跡イメージ2

ニキビの考えられる原因にはこちらでもお伝えしている通り様々ですが、ほかにも体に余分な熱が溜まって いるとニキビができやすくなると言われています。 熱は上半身にたまりやすいため、顔や背中、デコルテなどにできやすいのです。 この熱に老廃物が組み合わさる事で更にできやすくなると言われています。


上半身に熱が溜まる=下半身が冷える=冷え性

冷え性の方は血液循環も悪く、むくみやすいですよね。 老廃物が溜まっていることでむくみも生じます。 水分補給をし、リンパマッサージなどで老廃物を流したり、入浴などで汗を流すといったケアが必要ですね。 スキンケアはしっかりできているはずなのに、何故かニキビができる…という方は、まずは冷えの改善を 目指すことで、内側から美しく、体調も良くなるのではないでしょうか。


ニキビと食事について

食生活が偏ることで、ニキビもできやすくなる原因といわれています。  かといって、ニキビができなくなる食材というのはありません。    内臓機能低下や胃腸障害からもニキビの原因として挙がっていることから暴飲暴食は控えていただく  必要があります。 また、ビタミンが不足している事で、肌のターンオーバーが乱れ、皮脂の分泌が過剰になります。 ニキビに必要なビタミンはB群やビタミンC。これらを意識して摂取することが大切です。 それを補うために皮膚科ではビタミンの内服を処方しています。

ビタミンB2
脂質の代謝を促す役割を持っており、粘膜を保護します。
髪の毛にも必要な栄養です。口内炎や肌荒れ、抜け毛の原因はB2が不足している証拠かも。

  ◆多く含まれている食材……レバー、卵、乳製品、葉菜類など

ビタミンB6
タンパク質の代謝を良くし、脂肪肝を予防します。
B6が不足すると、ターンオーバーが正常に働かなくなります。

  ◆多く含まれている食材……まぐろ・かつお、レバー、豚肉など

ビタミンC
コラーゲンの生成、メラニンの抑制、抗酸化作用に活性酸素除去など
お肌に欠かせない栄養なのはもちろんのこと、老化を防いでくれるため、欠かせない栄養です。

  ◆多く含まれている食材……アセロラ、レモン、パプリカ、ブロッコリーなど

スキンケアを見直す

ニキビでお悩みの方は、Tゾーンなど肌が脂っぽいことから
さっぱりとした化粧水を好み、クリームはべたつくから使用はしないといった方が殆どではないでしょうか。
脂性肌と思い込んでいても実は間違っていることが多く
オイリースキンドライ肌と言って、見た目は脂性肌だが、極度な乾燥肌といった方が増えています。
お肌が乾燥していると、肌を潤おそうと過剰に皮脂を生み出すため
お肌が脂っぽくなってしまいます。
そのため、自己判断で間違ったケアになってしまうのです。
スキンタイプはお肌の水分と油分で判断します。
水分または油分が足りていなければ乾燥肌で、皮脂が過剰に分泌されている場合は脂性肌に分かれるため
水分と油分のバランスがしっかり取れていることが大切だと言えます。

また、クレンジングもオイルタイプやクリームタイプ、ふき取りタイプと様々な種類がありますが
これらは正しい使用方法とすすぎを行っていれば問題ありません。
タイプによって様々な意見がありますが、こすりすぎやすすぎが甘いことでメイクが落としきれず
毛穴に汚れが溜まっている事が原因でもあるのです。

化粧水もさっぱりタイプのものではなく、保湿力の高い化粧水でたっぷりとお肌に水分を与えましょう。
お肌が潤っていないと、せっかく乳液や美容液などを使用しても、しっかり浸透してくれないのです。
仕上げはクリームでしっかり潤いを閉じ込めること。これが大切なのです。
ご自身の肌タイプを知り、正しいスキンケアを見直しましょう。

タオルやメイク道具も清潔に

スキンケアや体の内側からのケアについてお伝えしてきましたが
見落としがちなのが、お肌に直接触れるタオルや化粧ブラシ。
タオルは毎日取り替えていますか?
タオルも時間の経過とともに雑菌が増殖します。
雑菌が付いたタオルで顔が触れていると考えると、 ニキビができてもおかしくはありません。
また、化粧ブラシやパフなども、毎日洗っている方は少ないでしょう。
しかし、ニキビがあるお肌にパフ等を使用するとアクネ菌が付着する可能性があります。
それを使用することで、正しいスキンケアを行っていても悪循環になりかねません。
ファンデーションなどは油分が多いため、メイク落としや中性洗剤でしっかり洗う必要がありますが
専用の洗剤も販売されていますので、そちらを使用する事をおすすめします。
しかし、洗い方が中途半端だったり、すすぎが甘いことで、菌や油分が残ってしまうこともありますので
こすり洗いではなく押し洗いをし、すすぎもボールなどに貯めて濁りがなくなるまで確認しながら行うと 良いでしょう。