ニキビ跡イメージ1

ニキビ跡の原因

ニキビが治っても赤みやシミのように黒っぽく跡が残ることがあります。
これは長期にわたりニキビに悩まれていた方や、繰り返し出来てしまうニキビに悩まれていた方は、ニキビ跡にも悩まれている方も少なくありません。
フェミークリニックでは、正しいケアでニキビを改善することで、ニキビ跡にならない肌作りを目指します。
当ページでは、ニキビ跡の原因と対策方法についてご紹介しています。

HOME > ニキビ跡の原因について

ニキビ跡について

ニキビ跡は、ニキビによりお肌の炎症が悪化したことで、ニキビの症状が改善しても、お肌の赤みが引かず残ってしまったり、傷痕のようにシミっぽくなってしまうことがあります。
また、クレーターと呼ばれる凹凸肌も深刻なお悩みのひとつです。
そのため、肌状態を見極め、正しい治療法をご提案して行きます。
まずは、症状別にみていきましょう。

ニキビ跡イメージ2

ニキビ跡の赤み

ニキビのポツポツはなくなっても、赤みだけがぼんやり残っている状態。
ニキビの炎症により、周辺の血流が滞りうっ血していることが原因です。
肌のターンオーバーが正常に働けば、徐々に消失していきますが、ターンオーバーが乱れると、なかなか治りません。




ニキビ跡イメージ2

ニキビ跡の色素沈着

傷や虫刺されと同じように、ニキビの炎症状態が続いたことで、傷跡のように残ってしまう状態。
これは、炎症が起きたことにより、お肌を守ろうとメラニンの生成が働くことで、シミのように浮き上がります。
ターンオーバーが正常に働けばシミのようにとどまることはありませんが、正常に働いていないと、色素沈着として残ってしまうのです。
シミで悩んでいると来院される方の中には、実はニキビ跡だったという事も少なくはありません。


ニキビ跡イメージ2

ニキビ跡の凹凸(クレーター)

毛穴が広がったように肌が凹み、くぼみができてしまっている状態です。
ニキビの炎症が悪化すると、肌の真皮層にまでダメージを及ぼすことがあります。
真皮層は肌の構造上、とても重大な役割で、コラーゲンや繊維芽細胞・エラスチンなど、肌の弾力や再生に必要な細胞が詰まっている場所です。
その真皮層がダメージを受けることで、肌再生の機能が失われてしまい
弾力がなくなり、肌にくぼみができてしまうのです。
この状態になってしまうと、自然治癒では治りにくくなってしまいます。


ニキビ跡の原因で共通していえることは、肌のターンオーバーの乱れ。
肌の再生がうまく行われていないことで、跡として残ってしまいます。
フェミークリニックでは、ニキビ治療の時点で、ニキビ跡にならない早期・根本治療を目指していますが
治療と同時にご自身に合ったスキンケアなどもしっかり行わないと、ニキビ跡になりかねません。
ニキビ跡にもそれぞれに適した治療法があります。その先の美肌を目指しましょう。